Articles

オリエンテーリングの基礎

コースの選択

これは、オリエンテーリングのコースのレベルと、それぞれを行うために必要なスキルの説明です—最も簡単なものから最も難しいものまで順序付けられています。 このリストは、どのオリエンテーリングコースおよび/またはどのトレーニングセッションを選択するかを決定するのに役立ちます。 何よりも、オリエンテーリングは楽しいことを意図していることを覚えておいてください。 あなたの現在のスキルレベルに挑戦しますが、まだあなたのために楽しいことが十分に簡単ですコースを選択してください! 米国では、オリエンテーリングコースは、色を使用して記述されています。 以下のそれぞれについて学びます。

白:最も簡単—初心者、特に子供のための。 長さ:2—3キロ
黄色:簡単-そのような屋外の経験を持つ大人のような経験豊富な初心者のために。 長さ:3-5キロ。
Orange:Intermediate—簡単でより挑戦的なコントロールポイントが混在しています。 長さ:4.5-7km。
ブラウン:高度な、短い長さ—困難なナビゲーション、短い物理的な挑戦。 長さ:3-4キロ。
グリーン:高度な、中程度の長さ—困難なナビゲーション、適度な物理的な挑戦。 長さ:4-7km
赤: 高度な、長い長さ-困難なナビゲーション、長い物理的な挑戦。 長さ:6-9キロ。ここで、あなたが知っておく必要があることと、すべてのコースタイプで何を学ぶかについての詳細をいくつか紹介します。

白:あなただけのorienteerを始めているとほとんど、あるいはまったく経験を持っていた場合は、この初心者コースを選択してください。 始める前に知っておく必要があります(とNTOA初心者クリニックで学びます):

—マップシンボルと色(凡例)を解釈する方法

—コンパスおよび/または土地の機能を使用して北にマップを配向させる方法

—オリエンテーリング競争の基本的な目的(ルール)は何ですか

—絶望的に失われたときに何をすべきか(”安全ベアリング”を使用する方法)

このコースは、あなたを紹介し、あなたに経験を与えるように設計されています。:

—次の土地の特徴(トレイル、道路、ストリームなどの”手すり”)

—地面の特徴にマップを関連付けることを学ぶ

—制御位置間の距離を判断する

-地図の読書に自信を得る

黄色:オリエンテーリングの経験があり、初心者コースでは非常に快適であるか、地形図を使用してハイキングをたくさん行っている場合は、この初心者コースを選択してください。 開始する前に知っている必要があります:

—上記の白いコースのためにリストされているすべて

—等高線を読み取る方法

—選択し、”手すり”に従う方法

—”攻撃ポイント”を選択して使用する方法
スケールを解釈し、ラフな距離を判断する方法

—ラフコンパスベアリングを取る方法

—ルートの選択を選択する方法(より安全対短い)

—ルートの選択を選択する方法(より短い対より安全)

-ルートの選択を選択する方法最後の既知のポイントにバックトラッキングによるエラー

このコースは、あなたを紹介し、あなたに経験を与えるように設計されています:

-攻撃点に手すりを次の(ではなく、コントロールに)

—攻撃点からコントロールにベアリングを取る

-攻撃点とコントロールの間の細かい距離を判断する

—単純なルートの選択肢の間で選択する

—”収集機能”と”キャッチ機能”を認識する

-輪郭を読み、解釈する

—攻撃点とマップ機能を使用して回復する

オレンジ: あなたは適度にオリエンテーリングを経験している場合は、この中間コースを選択してください,あなたは白のコースを習得し、いくつかの黄色のコースを行 開始する前に知っている必要があります:
—白と黄色のコースのために記載されているすべてのもの
—”手すり”の有無にかかわらずナビゲートする方法

—”収集機能”と”キャッチ機能”を選択して使このコースは、あなたを紹介し、あなたに経験を与えるように設計されています:

—自信を持ってクロスカントリーをナビゲートする方法

-ルートの選択を行います(あなたの個人的な強みと弱みに応じて)

—”並列エラー”やその他のミスから回復

—旅行中の細かい地図の読み取り

—輪郭の可視化

—物理的な課題を判断し、自分自身をペーシング

茶色、緑、赤:これらのコースは同じ高度な難易度を持っており、長さと物理的な挑戦だけが異なります。 茶色は短く、緑は中程度の長さで、赤は長いです。 (一部の国のイベントでは、さらに長い青のコースを提供しています。). あなたが経験豊富なorienteerであり、自信を持っていくつかのオレンジ色のコースを行っている場合は、この高度なレベ 開始する前に、あなたが知っている必要があります:
—他のコースのために記載されているすべて

—どのように”ペースカウント”

—そのようなあなたのマッ:

—自分自身をペーシング(物理的に)

—コースセッターによってあなたに提示された課題を認識する<

—あなたのオリエンテーリングスキルを完成

—マッピングの詳細の差別

最初のオリエンテーリング北米の1995年号の”ビギナーズクリニック”機能に登場したカレン-デニスの記事から適応

米国およびカナダ。 ONAは頻繁にこのような有用な機能を公開しています。これは、サブスクリプションで利用可能ですが、それを受け取るための最良の方法は、Orienteering USAへのメンバーシップであります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。