Articles

子宮摘出前後の月経前症候群

子宮摘出術は、月経前症候群(PMS)の女性の治療に推奨されることがあ 子宮が取り除かれると、PMSの症状は消えますか?

PMSに苦しんでいた37歳の女性が毎日経験した気分や身体症状は、(a)子宮摘出前の6ヶ月、3.2–2.7年、(b)子宮摘出後の6ヶ月、5-11ヶ月間記録された。 六つの排卵サイクルは、31.8日(手術前)と31.5日(手術後)の平均期間と各期間で観察されました。

各卵巣周期の最後の5日間の平均気分および身体症状スコアを5-14日のものと比較すると、子宮摘出前後の有意な黄体期緊張の存在が確認された。 気分および/または物理的な徴候のスコアはあらゆる周期の終わりの方に増加しました。 子宮摘出前に観察された平均増加は、気分のための225(S.E.36)、および物理的な症状のための4.42(0.25)であった; これらの増加は、その後のサイクルで観察されたものと有意に異ならなかった(気分のための182(33)と物理的な症状のための4.32(0.78))。pmsは子宮を持たない女性に発生する可能性があると結論づけられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。