Articles

Ubuntu18.04Bionic Beaver Linux

目的

目的は、Ubuntu Bionic Beaver Linux

オペレーティングシステムとソフトウェアバージョン

  • オペレーティングシステムでIpv6を無効にすることです。-Ubuntu18.04Bionic Beaver Linux

要件

Rootとして、またはコマンドが必要です。

Conventions

  • #-与えられたlinuxコマンドは、rootユーザーとして直接、またはsudoコマンド
  • $-与えられたlinuxコマンドは、通常の非特権ユーザーとして実行されます

このチュートリアルの他のバージョン

Ubuntu20.04(Focal Fossa)

命令

あなたがroot権限で実行するかどうかubuntu18.04デスクトップまたはサーバーを実行しているIPv6ネットワークアドレスはデフォルトで有効になっています。 ほとんどの場合、このデフォルト設定は単純に無視できます。 ただし、Ubuntu18.04デスクトップまたはサーバーでIPバージョン6ネットワークプロトコルを無効にする必要がある場合は、このチュートリアルを使用して、それを行うのに役立ちます。

Ipv6ネットワークアドレスを無効にする

Ubuntu18.04でデフォルトで有効になっているIpバージョン6

Ipv6ネットワークプロトコルは、Ubuntu18.04Linuxでデフォルトで有効になっている。 コマンドラインからip alinuxコマンドを実行して、現在のネットワーク設定を確認します。
Linuxシステムアナリストを探しています!
UAF地球物理学研究所は、研究サイバーインフラストラクチャアナリストやエンジニアの彼らのチームに参加する経験豊富なLinuxシステムアナリストを探 場所:フェアバンクス、アラスカ、アメリカ
今すぐ適用

即座にIpバージョン6のネットワークプロトコルシステムを無効にする最も簡単な方法Ubuntu18.04では、次のコマンドを実行することです。

$ sudo sysctl -w net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1$ sudo sysctl -w net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1
IPバージョン6月18日にメジャー契約を結んでアクティブ-ロースター入り。04

上記のsysctlコマンドを実行した後、Ipv6ネットワークアドレスは存在しなくなりました。

上記のIpv6無効設定は、再起動後も保持されません。 上記の設定をロードする方法の通常の方法は、次の行を追加して/etc/sysctl.conf

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1
警告:この方法を書いている時点で、Ubuntu18.04の/etc/sysctl.conf設定ファイルを使用して再起動後にIpv6を無効にすることに注意してください。 しかし、これはバグのようですので、気軽に試してみてください。

再起動後にUbuntu18.04でIpv6を無効にするには、ブート時にカーネルパラメータを渡すようにGRUBブートローダーを設定することをお勧めします。
これを行うには、root権限でお気に入りのテキストエディタを使用して/etc/default/grub

FROM:GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=""GRUB_CMDLINE_LINUX=""TO:GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="ipv6.disable=1"GRUB_CMDLINE_LINUX="ipv6.disable=1"
GRUBを使用してUbuntu18.04で再起動後にIpv6プロトコルを無効にします

Ipv6プロトコルを無効にしますgrubを使用してUbuntu18.04で再起動した後。/etc/default/grubファイル内で上記の変更を行ったら、次のコマンドを実行してGRUBの変更を適用します。

$ sudo update-grub

すべて完了しました。 必要に応じてUbuntu18.04システムを再起動します。

Ipv6ネットワークアドレスを有効にする

Ipv6プロトコルを有効にするには、上記の手順を逆にします。 Ipv6プロトコルをすぐに無効にするには、次のように実行します。

$ sudo sysctl -w net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=0$ sudo sysctl -w net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=0

/etc/sysctl.conf設定ファイルも設定している場合は、適切な行を削除します。 最後に、root権限を持つお気に入りのテキストエディタを使用して/etc/default/grub

FROM:GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="ipv6.disable=1"GRUB_CMDLINE_LINUX="ipv6.disable=1"TO:GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=""GRUB_CMDLINE_LINUX=""
$ sudo update-grub

を実行して、GRUBブートローダ設定に加えられた変更を適用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。